メニュー

肩関節周囲炎(五十肩)について

五十肩の症状

 肩関節周囲炎(五十肩)とは肩の関節が痛み、関節の動きが悪くなる病気です。肩や肘から上の肩まで痛むことがあります。

 シャツを着る、棚の上のものを取ろうとしたときなどの日常生活動作の中で、肩の関節を動かしたときに激しい痛みを感じる運動痛や、夜中にズキズキとした痛みを感じ、ひどい場合は眠れないほどの夜間痛が生じることもあります。

 

 

 

五十肩の原因

 中年以降、特に50歳代に発症します。その病態は多彩です。関節の骨・軟骨・靭帯・腱などが老化して肩関節周辺に炎症が起きやすくなるのが原因と言われています。

 長引くと関節の袋(関節包)や関節の運動を滑らかにする肩峰下滑液包(けんぽうかかつえきほう)が縮んだり周囲と癒着して肩が挙がらなくなって髪に手が届かなかったり、背中に手が届かなくなる凍結肩の状態になり、夜間に痛みがでます。

五十肩の仲間

①上腕二頭筋腱炎(じょうわんにとうきんけんえん)

肩の前方に痛みがあります。診察で簡単に診断ができます。

 

②石灰沈着性滑液包炎(せっかいちんちゃくせいかつえきほうえん)

大変激しい痛みが出て、動かせなかったり、眠れなかったりします。レントゲンにて石灰沈着を確認し、診断いたします。

 

③腱板断裂(けんばんだんれつ)

老化して、無理をしていないのにもかかわらず、まれに腱板という大切な腱が切れて痛みが出ることがあります。初めは普通の五十肩として整骨院などに通っていて、それでも治らないことが多い疾患です。

MRIを撮ることで容易に診断ができます。手術が必要となる場合もあります。

 

五十肩の治療

 「五十肩は自然に治る」と放置する人が多いのですが、放置すれば次第に日常生活に不自由が出て、痛みも強くなることが多いようです。

 軽傷のものは温熱療法、運動療法、消炎鎮痛剤の内服などで治療します。中等症以上では、当院では積極的に注射治療を行っております。

 可動域がいつまでも改善しない場合には、ジョイントディステンションと言って、関節包を注射で広げ改善する治療方法もあります。

 

 

 

 

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME